Amazonギフト券の換金率はどのくらい?現金化する際の相場は?

Amazonギフト券

Amazonギフト券を現金化をするなら、換金率についてしっかりと確認しておきたいところですね。

Amazonギフト券の換金率の相場を知れば、換金の際に役立ちますし、その他のギフト券と比べて、どのくらい差があるのかを知れば、Amazonギフト券の現金化をする意味も理解できます。今回は、Amazonギフト券の換金率を色々な観点から検証していきましょう。

Amazonギフト券の換金率

Amazonギフト券の換金率

Amazonギフト券の換金率の相場は、80%から90%程が一般的で、90%程度の換金率でAmazonギフト券の現金化に対応している買取サイトは、高換金率のサイトであるといえますね。

Amazonギフト券の換金率は変動する

Amazonギフト券を現金化する場合に覚えておきたいのが、Amazonギフト券の換金率は日々変動するということです。

85%で換金できることもあれば、90%で換金できることもありますので、換金率の動きをしっかりと確認しておくことが重要です。

Amazonギフト券は、需要が大きいので、ある程度、在庫を抱えても売れる可能性は高いです。しかし、Amazonギフト券には有効期限が設定されています。

このため、大量の在庫を抱えるのは買取業者にとってリスクになります。Amazonギフト券の換金率の上下は、その時々の需要によって異なってきますので、換金する側が、積極的に取引をするような状況の場合、換金率は高まっていくことになります。

初回利用は換金率が高くなる傾向がある

これは全ての買取業者に当てはまるわけではありませんが、Amazonギフト券の換金率は、サービス初回利用時に高くなる傾向があります。

多くの買取業者が換金率上乗せキャンペーンを実施しているからで、色々なサービスの初回キャンペーンを利用して、換金率を高めるという裏技があることも知っておきましょう。

元々、換金率が高いサービスで、初回キャンペーンを利用すれば、換金率が92%や93%になったりすることもあります。これは、信販系のギフト券と比べても、見劣りしない換金率なので、かなり優秀だといえますね。

Amazonギフト券は他のギフト券に比べて高く売れる

iTunesカード

Amazonギフト券の現金化が、これだけ注目を集めているのには理由があります。それは、同タイプのギフト券と比較してみると、かなり換金率が高いことです。

Amazonギフト券は、QUOカードや信販系ギフト券、図書カードなどと比べると、換金率は劣ってしまいますが、Amazonギフト券のように特定ストアのみでの買い物に利用することができるギフト券と比べるとどうでしょう。

iPhoneユーザーという膨大なユーザー数を抱えるiTunesカードは、Amazonギフト券と一緒にコンビニのギフト券コーナーに並べられています。

しかし、換金率を比べてみると、Amazonギフト券が80%~90%なのに対して、iTunesカードは70%~80%と大きく劣ってしまうのです。

また、Amazonギフト券より用途が広いウェブマネーの換金率もiTunesカードと同程度です。このようにAmazonギフト券は、ネットの特定サービスで使えるギフト券に比べると、かなり高い換金率を誇っているのです。

Amazonギフト券より換金率の高い商品はないのか

換金率の高い商品

Amazonギフト券の換金率は、高い場合でも90%前後です。そのため、換金性の高い商品と比べると、そこまで高い換金率というわけではありません。

実際にAmazonギフト券より換金率の高い商品を探してみると、探し出すのはそれほど難しくありません。ブランド品の人気の型番を絞って購入すれば、かなり高い換金率で現金化することもできます。

また、人気が高く、発売したばかりのゲームソフトやゲーム機を購入して売れば、100%以上の換金率になることもあります。

さらに、現金化ユーザーの定番である新幹線の回数券なども換金率の高い商品として知られています。

新幹線回数券

しかし、これらの商品のほとんどは、換金性の高いアイテムとして認識されています。クレジットカード現金化をする場合、この換金性が高いという点がデメリットになることがあるのです。

各カード会社は、規約で換金性の高い取引を禁止しています。そのため、こういった商品で繰り返し現金化をすると、クレジットカードの利用を停止されてしまう可能性があるのです。

しかし、Amazonギフト券の場合、あくまでもいちギフト券として扱われており、換金性が高いとは認識されていないのです。だからこそ、金券ショップの多くでAmazonギフト券が取り扱われていません。

また、ゲームソフトやゲーム機は、換金性の高いアイテムとは見なされてはいません。しかし、ソフトやハードの種類を選ぶ必要がありますし、必ず高く売れるというわけではないのです。

Amazonギフト券の場合は、買取業者に依頼すれば、80%~90%の安定した換金率で取引してもらえます。

このようにAmazonギフト券は、単に換金率が高いというわけではなく、手軽に現金化できるというメリットも持っているからこそ人気が高いのです。

他にもAmazonギフト券より換金率が高い商品はありますが、高すぎる換金率にも注意してください。

換金率が高いということは、それだけ換金性が高いということでもあるので、クレジットカード現金化として利用する場合、そのままリスクの高さに置き換えることができます。

換金性の高いアイテムを利用しても、1度や2度くらいでは取引停止になることはないでしょう。しかし、繰り返し現金化をしたい場合は、注意しなければなりません。

Amazonギフト券は換金スピードが速い

Amazonギフト券の換金スピード

Amazonギフト券は、Eメールタイプのものを利用することで、素早く換金することができます。そのため、Amazonギフト券の現金化について考える場合、換金率だけではなく、換金スピードについても踏まえてみるとよいでしょう。

Amazonギフト券を換金して、現金を振り込まれるまでのスピードは、即日中です。

Amazonギフト券の換金は、まずギフト券を買取業者に送ります。その後に、買取業者の方でAmazonギフト券の確認を行います。そして、確認が済み次第、現金を振り込んでもらえるというプロセスです。

直接会ってやり取りをする必要がないため、即日換金が可能で、数十分程度の時間で換金も可能になっています。

また、同じ買取業者を何度か使っていると、リピーターとして信頼を得ることができますので、その分だけ換金スピードが速まる可能性があります。

買取業者にとってみれば、使用不能なAmazonギフト券をつかまされるのは大きなリスクなので、買取業者からの信頼性を得ることも重要です。

Amazonギフト券は現金化に最適

Amazonギフト券

このようにAmazonギフト券は、換金面からみると、色々な意味でかなり優遇された商品であることがわかりますね。

同じタイプのギフト券に比べると、かなり換金率が高くなっていますし、換金性の高い商品としてみなされていないので、クレジットカード現金化にも向いています。

また、Eメールタイプを利用すれば、対面不要で換金することができる手軽さも魅力のひとつです。

Amazonギフト券は、その換金面での優秀さを考えれば、従来型のクレジットカード現金化に代わって、現金化に最適な商品と言えますね。