Amazonギフト券買取サイトでクレジットカードを現金化する仕組み

Amazonギフト券の現金化

クレジットカード現金化には、いくつかの方法があります。その中で、最近注目を集めているのがAmazonギフト券を使ったクレジットカードの現金化です。

クレジットカード現金化の方法は、色々ありますが、近年、各社の監視が強まっていることも事実です。

しかし、Amazonギフト券は、まだ金券とは見なされておらず、クレジットカードを使って普通に取引することができます。

そのため、クレジットカード現金化をしたい人達がAmazonギフト券を使って現金を手に入れようとするのは自然な流れだといえるでしょう。

Amazonギフト券でクレジットカードを現金化する仕組み

Amazonギフト券

まずはクレジットカードを使ってAmazonギフト券を現金化する仕組みを紹介します。

Amazonギフト券を購入する

まず、Amazonを利用して、Amazonギフト券をクレジットカードで購入します。また、すでにAmazonギフト券を持っている場合、それを利用しても問題ありません。

Eメールタイプが現金化に向いている

Amazonギフト券には、様々なタイプがありますが、現金化に向いているのがEメールタイプです。Eメールタイプの場合、直接手渡しすることなく、メールに記載された情報のみで取引できます。

また、取引相手によっては、Eメールタイプ以外のAmazonギフト券の買取が不可能なこともあります。

売る相手は買取業者か個人

Amazonギフト券を手に入れたら、今度はそれを売ります。売る相手は、個人か買取業者になります。

個人に売る場合、ヤフオクなどのサービスを利用することになるでしょう。買取業者に売る場合は、ネットのAmazonギフト券買取専門のサイトになります。

金券ショップは扱っていないことが多い

ちなみに、Amazonギフト券は、通常の金券ショップではあまり取り扱われていません。それはAmazonギフト券が金券として見なされていないからです。

Amazonギフト券を送付する

取引相手が見つかったら、Amazonギフト券を送付します。Eメールタイプなら、メールで情報を送付するだけなので、それほど手間はかかりません。

入金を確認する

取引相手からの入金を確認します。入金を確認できたら取引は終了です。ヤフオクなどを利用して個人売買する場合は、トラブル防止のため、相手からの入金確認後にAmazonギフト券の情報を送付しましょう。

Amazonギフト券の買取サイトと個人売買のどちらがお得か?

換金率

Amazonギフト券買取専門サイトと個人売買のどちらが換金率の面でお得なのか、しっかりと把握しておきたいところです。

まず、Amazonギフト券買取買取サイトは、優良サイトになると換金率は90%程度が一般的です。

一方、個人売買の場合は、出品者もしくは、落札者のいずれかがサービスの利用料を支払うことになります。

利用しているサービスにもよりますが、大体、10%前後が利用料になることが多いです。そのため、買取業者でも、オークションなどの個人売買でも、換金率自体にはそれほど差はありません。

個人の場合はメルカリやヤフオクに自分で出品する必要がある

ヤフオクなどを利用して現金化をする場合、自分で出品する必要があります。この部分は、買取サイトに買い取ってもらう場合に比べ、かなり手間がかかってしまいますね。

ヤフオクは必ず売れるわけではない

Amazonギフト券は、需要のある商品です。そのため、比較的、売れやすい商品ではありますが、必ず売れるわけではありません。

また、換金率を高くするため、手数料分を商品代金に上乗せして出品すると、売れない可能性があります。

ライバル出品者の中には、たまたま手に入ったAmazonギフト券を手数料を負担してでも売ってしまいたい方もいます。

当然、安い方に買われる可能性が高いので、クレジットカード現金化目的のAmazonギフト券の売買は不利だといえます。

個人売買は少額取引がメイン

ヤフオクなどで個人売買する場合は、1000円単位の少額取引がメインです。そのため、数万円を現金化したい方などには向いていません。

クレジットカード現金化のメリットは、数万円から数十万円程度の現金を手軽に手に入れられる点なので、その意味でも個人売買は現金化には向いていないといえますね。

ヤフオクは換金性のある取引は排除される傾向

以前はメルカリでも現金化は可能でした。しかし、最近は、巧妙化する現金化の手口に対応するため、オークションやフリマアプリのサービス側が換金性のある取引を排除する傾向があります。

※ちなみに、フリマアプリのメルカリでは、現在Amazonギフト券の出品は禁止されています。

そのため、今現在、Amazonギフト券の取引が可能なオークションであっても、いずれ利用できなくなる可能性もあります。

Amazonギフト券買取サイトの方が色々な面で有利です

換金率は上手に取引すればオークションを利用する場合も、買取サイトを利用する場合も変わりません。しかし、そのための手間や売りやすさには大きな違いがあり、Amazonギフト券専門の買取サイトを利用した方が色々な面で有利だと言えますね。

Amazonギフト券買取サイトとクレジットカード現金化業者

クレジットカード現金化

今までのクレジットカード現金化は、自分で商品を購入して売るか、現金化業者を利用するのが一般的でした。

そして、最近、Amazonギフト券を利用しての現金化に注目が集まってきたのは、現金化業者を利用するよりも、より高い換金率で現金化できる可能性があるからです。

換金率の比較

まず、クレジットカード現金化業者の一般的な換金率は70%~80%だといわれています。それに比べて、Amazonギフト券専門の買取サービスを利用した場合、90%以上の換金率で現金化が可能です。

10%~20%の換金率の差が出ることもあるので、Amazonギフト券を使ったクレジットカード現金化に需要が高まるのもわかりますね。

Amazonギフト券の需要増加は続く

Amazonギフト券の需要増加が今後も続く可能性は高いです。その理由のひとつは、インターネットショッピングの最大手Amazonの商品券であるということです。

Amazonを利用すれば、手に入らないものはないといっても過言ではないくらい規模の大きなサービスで、その大きさから信頼性も高いです。

今後も商品が拡充されていけば、ますます需要が高まる可能性があり、Amazonギフト券の需要が落ち込むのはあまり考えられないでしょう。

Amazonギフト券買取サイトのメリット

Amazonギフト券買取のメリット

まとめとしてAmazonギフト券買取サイトのメリットを紹介します。

換金率は90%程度

換金率は90%程度で、クレジットカード現金化業者よりも高い。

即日振込も可能

即日振込に対応した買取サイトも多いので、オークションなどで入札者からの入金を待つ必要がない。

詐欺のリスクが低い

優良店を使えばAmazonギフト券の情報を送付後に入金がない、というような詐欺の心配が少ない。

手間が少ない

Amazonギフト券の取引に必要な情報のみ入力するだけで簡単に売却が可能。

大口取引に対応

10万円以上の大口取引にも対応している。

クレジットカードの現金化をするならAmazonギフト券もおすすめです

おすすめ

クレジットカード現金化をするための方法は、多ければ多いほど良いですね。現金化の方法いくつかありますが、ある日突然使えなくなることもあるため、たくさんの選択肢を持っていれば、リスクを回避できます。

これまで、現金化業者を利用してクレジットカード現金化をしてきた方は、Amazonギフト券を使った現金化にも注目してはいかがでしょうか。

Amazonギフト券買取サイトは、初回利用に限り、換金率を上乗せしてくれることが多いので、お試しで現金化すると、よりお得な換金率で現金を手に入れることができます。