クレジットカード現金化って商品を購入するの?その仕組みを徹底解説

現金化の商品購入とは

クレジットカードの現金化をする際に、その手順を確認してみると、「オンラインショッピングで商品を購入して、それを後日業者に送り返す」というような説明が書かれていることがあります。

ショッピング枠を換金するにあたって、初めての人が一番わかりにくいのが、この商品購入の部分ではないでしょうか。現金化業者のホームページを確認しても、詳細については説明されていないことが多いです。

今回は、この部分にスポットライトをあてて解説しますので、これからクレジットカードの現金化をしてみようと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

オンラインショッピングで商品を購入

オンラインショッピングで商品を購入

優良な現金化業者を厳選すると、即日振込みなどのスピーディーな取引をメリットとしているところが多いので、どうしてもオンラインショッピングが多くなります。実店舗ではなく、インターネットで買い物することで、パソコンや携帯から来店することなく商品を購入できるからです。そのため、クレジットカード現金化の際の商品購入はオンラインショッピングでするものと考えておいてもよいでしょう。

また、そのオンラインショッピングは現金化業者の系列であることも多く、購入できる商品がある程度限られていて、業者からどの商品を購入するのか指示されることもあります。

換金率を調整するのであまり換金率の高いものは買えない

換金率の高い商品

クレジットカード現金化は、クレカのショッピング枠を使い現金化するものです。しかし、少し考えてみるとわかりますが、このようなプロセスなら、自分で換金率の高い人気のブランド品などを購入して売れば、自分でショッピング枠の現金化ができてしまいます。

ただし、クレジットカード会社は換金性の高い取引を随時見張っており、ユーザーが急に換金率の高いブランド品ばかりを繰り返し購入するようになると、当然怪しまれることになります。これがきっかけとなって、クレジットカードの利用を停止されてしまったケースも多々あり、だからこそ換金率の調整を行えるノウハウを持った現金化業者が必要になります。

現金化業者はユーザーとのやり取りで、換金率が高すぎず、低すぎずの商品をオンラインショッピングを通じて購入させることで、クレジットカード会社にあくまでもユーザーが買い物のためにショッピング枠を利用したとみせることができるのです。

このような仕組みを知っていると、他にもっと換金率の高い商品があるのに、あえて換金率の低いものを買わされるのか。というような疑問も理解できるのではないでしょうか。

現金化業者は、あえて高額換金の商品を避けることによって、よりユーザーに安心してショッピング枠の現金化をできるように促してくれます。これは、優良業者を通じて現金化をするメリットのひとつになりますので、実際に現金化をする前に知っておけば、よりスムーズな取引ができるでしょう。

自分のカード利用履歴を思い出してみよう

クレジットカード会社は、常にユーザーの動向を利用履歴を見ながら確認しています。そのため、より安全に現金化を行うためには、自身のクレジットカード利用履歴を思い出してみることです。

ショッピング枠の現金化は、残高さえ残っていれば、50万円でも100万円でも換金することができます。しかし、普段、月に3万円程度の利用しかないようなユーザーが、いきなり50万円の利用を繰り返すようになったらどうでしょう。これではクレジットカード会社に目をつけられてしまう可能性もありますので、あくまでも普段の自分のカード利用の延長に見えるかたちで利用することが大切です。

現金化業者の中には、しっかりと商品を指定してくれるようなサービスもありますが、逆に利用するオンラインショッピングだけを指定して、後はユーザーの自由意志で購入をさせるようなサービスも存在します。このような場合には、一度自分のカード利用履歴を思い出してみるとよいでしょう。

現金化業者によって換金方式は違う

現金化業者の換金方式

クレジットカードを現金化をする場合、利用する業者によって換金方式が変わってきますので、それぞれの換金方式をチェックしてみましょう。

キャッシュバック方式

これはオンラインショッピングで買い物をしてもらったお礼に特典として現金をキャッシュバックする方式です。

キャッシュバック方式については、オンラインショッピングで購入する商品に注目したいところで、あくまでもキャッシュバックというかたちで現金化するので、商品自体の換金率は低めに設定されています。中には、自分で売却してもほとんど値段がつかないような商品もあって、これは商品を購入するオンラインショッピングが現金化業者の運営するサイトだからこそ可能な方法です。

このキャッシュバック方式の場合は、クレジットカード会社に換金性の高い取引をしていると見られにくいので、カード利用停止の確率という観点からは安全性の高い取引といえるでしょう。ちなみに、キャッシュバック方式で買い物する商品は、それぞれの業者によって商品ラインナップが異なってくるので、かなり幅広い種類の商品があります。

買取型や買戻型

クレジットカード現金化の方法にはキャッシュバック方式があることがわかりました。その他にもいくつかの形態があり、これは「買取型」や「買戻型」といったものです。こちらも主流の方式の一部なので、覚えておくとよいでしょう。

「買取型」というのは、ユーザーが商品を購入した後に、現金化業者がそれを買い取るという方法です。「買戻型」は、ユーザーが商品を購入した後に、返品や買戻しというかたちで購入商品を現金化業者が買い戻すようになっています。現金化業者のうち、現金化の手順に商品の郵送と書かれているサービスは、こちらの買取型や買戻型であることが多いです。

この換金方式の違いについて理解したら、今度はキャッシュバック方式と比較してみましょう。

キャッシュバック方式は、あくまでも購入特典というかたちで現金化をするので、必ずしも商品の換金率が高い必要はなく、全く価値のないような商品でも成り立ってしまいます。

しかし、買取型や買戻型は、特定の商品という決まりこそありませんが、ある程度の換金率を維持する商品をユーザーに買ってもらわなければ、商売自体が成り立たなくなってしまいます。

このことからも買取型や買戻型のサービスを利用する場合には、業者選びがより重要になります。業者の利益が残る状態で、ユーザーにできるだけ高い換金率を提供しなければなりません。さらに、ただ単に換金率が高い商品を購入するわけにもいきません、それはクレジットカード会社の監視の目があるからです。

この調整の部分をしっかりとしていくためには、長年の運営実績からくる経験やノウハウが必要で、これもクレジットカード現金化で優良業者を選ばなければならない理由の一つです。

安全にクレジットカード現金化をするなら優良業者

安全にクレジットカード現金化をするなら優良業者

このようにクレジットカード現金化業者の換金方式を交えながら現金化の際に購入する商品の違いを紹介してきました。そこから出せる結論は、安全にクレジットカード現金化をするなら優良業者をしっかりと比較することが大切ということです。

クレジットカード会社からの信頼を得られるような商品の購入も大切です。その上でユーザーに高い換金率を維持することも大切です。このような条件でショッピング枠の現金化を提供するためには、ノウハウを持った実力の高い優良業者である必要があります。

ユーザーに対して誠心誠意のサービスを長年提供してきた優良業者は、安全に現金化を行うためのツボを心得ています。だからこそ安心して利用できるのではないでしょうか。

安心して利用できるクレジットカード現金化優良店ランキング

1位あんしんクレジット
★★★★★
あんしんクレジットのトップ画像

最大98.8%の換金率「あんしんクレジット」

最大換金率 98.8% 振込最短時間 10分
営業時間 9:00~20:00(年中無休) 土日祝日対応 可能

あんしんクレジットは他社に負けないための4つのポイントを保証することで、クレジットカード現金化ジャンルにおいて換金率ナンバーワンを達成した優良業者です。

ショッピング枠を現金化する上で、換金率は欠かせないポイントです。とにかく換金率にこだわる方は、あんしんクレジットがおすすめです。

あんしんクレジット詳細はこちら


2位

キャッシュライン
★★★★★

キャッシュライン公式サイト

キャッシュラインは業界最大手が運営するクレジットカード現金化サービスです。

最大換金率 98.8% 振込最短時間 5分
営業時間 9:00~20:00(年中無休) 土日祝日対応 可能

5年間にわたって優良業者としてユーザーにサービスを提供してきたのが業界最大手のキャッシュラインです。クレジットカード現金化の優良業者リサーチで総合ナンバー1に輝いたこともある実績で、換金率も高く振り込みも早い優秀な業者です。

キャッシュライン詳細はこちら


3位ギフトクレジット
★★★★★

信頼と実績のギフトクレジット

信頼と実績のギフトクレジット

最大換金率 92%(他社より低い場合は対応) 振込最短時間 5分
営業時間 9:00~21:00(年中無休) 土日祝日対応 可能

これまでに「イマイチ信頼できる現金化業者がない」、「明らかに換金率を下げられてる」なんて思ったことがある方におすすめなのが、ギフトクレジットです。

信頼と実績を第一に考えて、来店不要で即日対応、親切丁寧なサポートが特徴です。

ギフトクレジット詳細はこちら