クレジットカード現金化でカード情報を不正利用される可能性と対策

クレジットカード現金化での不正利用

クレジットカード現金化を利用するのは、少し不安があるという方もいると思います。その中でも、特に不安なのが、「クレジットカード情報を不正利用されないか?」という部分ではないでしょうか。

生活費をやりくりするために、現金化で数万円を調達したのに、カードの不正利用で数十万円の被害にあってしまったのでは、元も子もありませんね。

そこで、今回は現金化の際にカード情報を不正取得される可能性と、そこからさらに不正利用された場合の対策について考えてみます。

【こちらの記事も読まれています】
【クレジットカード現金化】悪質詐欺を回避するための注意点まとめ

現金化業者に勝手にクレジットカードを使われる可能性

クレジットカードの不正利用

これはクレジットカード現金化業者に渡した情報によって不正利用ができる場合と、できない場合があるのですが、不正利用される可能性はゼロではありませんね。

しかし、よく考えてみるとクレジットカードの不正利用は現金化業者にとって非常に危険な行為であることがわかります。持ち主より被害届があれば、警察に逮捕されてしまう可能性が高いので、このような危険を何度も冒しているような業者が、その業界で生き残っているというのも考えにくいですよね。

クレジットカード現金化のトラブルは換金率の部分が多い

悪質な業者による現金化トラブルを探してみると、件数が多いのは40%や50%という非常に低い換金率で現金化を提供したケースなんです。

逆に60%や70%程度の換金率なら、確かに低いのですが、ユーザー自身にクレジットカード会社の規約に反して現金化をしたという後ろめたさがあるので、事件になりにくいんです。

事件になった場合も、何度も現金化を繰り返した後で、というケースもあり、このようなユーザーの心理を巧みに利用することで、発覚をできるだけ避けるのが悪質な業者の手口なんです。

そのため、不正に取得したカード情報を利用し、わざわざ危険を冒して不正利用をする業者は全体的にかなり少ないといえますよね。

老舗の現金化業者は不正利用の可能性が低い

老舗だからといってトラブルが発生する確率はゼロではありませんが、それでもトラブルの可能性は低いといえますね。

特に不正利用の場合は、そのようなことを定期的にやっているのでは、老舗になるようなことはありません。現代のネット社会において、そのようなトラブルが頻発しているようであれば、必ずどこかに悪評が掲載されてしまうはずなんです。

このように考えてみると、クレジットカードの不正利用をされないための対策法として、長年運営している老舗の現金化業者を利用するというのは良い方法ですね。

無名の小さな現金化業者は情報を故意に売る可能性もある

クレジットカード現金化というサービスは、闇金融などとも比較的近い性質の商売だといえます。悪質業者の中には、闇金融と結託してユーザーを騙すケースもあります。

そして、小さな現金化業者は資金繰りが悪化すると、顧客情報を売ってしまう可能性があり、これが他の現金化業者や闇金融に流れてしまうことがあるんです。このことからも、いつできたかわからないような名前の知られていないサービスを利用するのはリスクが高いことがわかりますね。

クレジットカードを不正利用された場合の対策

カードを不正利用された場合の対策

今度は万が一、クレジットカード現金化業者にカード情報を不正利用されてしまった場合の対策について考えてみます。現金化業者以外に不正利用された場合にも利用できる情報だと思いますので、ぜひ参考してみてください。

カードの不正利用を発見するタイミング

不正利用を発見するタイミングは、いくつかあります。ひとつが身に覚えのない請求があった場合ですね。

さらに、クレジットカード会社はクレカの不正利用について厳しく目を光らせているので、カードによる買い物で普段と違う挙動が見られた場合には、自動的に不正利用と見なしてカードの停止措置をすることもあるんです。

この場合は、持ち主がカードを利用しようとしたら停止されていることに気づくというパターンです。

カードを不正利用された金額は支払う必要ある?

カードの不正利用されて一番気になるのが、その金額を支払う必要があるのか?という部分ですよね。結論からいってしまうと、明らかに不正利用とわかるような金額については、持ち主が支払う必要はないんです。

さらに、クレジットカードには盗難保険という補償も存在していて、被害金額をカバーしてくれる制度もあるんです。

クレジットカードの盗難保険を利用する場合の注意点

クレジットカードの盗難保険は、万が一の時に役立つ保険ですよね。しかし、持ち主の対応の仕方によっては適用されない場合もあるので注意が必要です。

まず、自分から不正利用に気づいた場合は、速やかにカード会社に報告する必要がありますね。

さらに、暗証番号が誰でもわかるような簡単なものになっていたり、暗証番号とカードを一緒に保管していたりと、持ち主の非が大きいと適用されないというケースもあるんです。

持ち主の負担はクレジットカード再発行

このようにクレジットカードが不正利用された場合の金銭的な負担は、盗難保険などもありそれほど深刻な事態には発展しない可能性が高いんです。

そして、持ち主に何らかの負担があるとすれば、それはカードの再発行になります。

また、再発行されるまでの期間はクレジットカードの利用ができないので、それが生活面での負担になる可能性も考えられます。

クレジットカード現金化における不正利用はそれほど恐れる必要はない

このようにクレジットカード現金化におけるカード不正利用の可能性と、実際に不正利用された場合の対処法について考えてみました。

結論としては、不正利用については、それほど神経質になる必要はないといえますね。

クレジットカードを不正利用されてしまう可能性は、現金化業者よりも、セキュリティが脆弱なサイト上でクレジットカードを使ってしまった場合の方が、圧倒的にリスクが高いといえそうです。

金銭的な被害についてはカード会社が補償してくれますし、現金化業者も不正利用はリスクが高いということで、すでにそのような業者は淘汰されつつあるといえるのではないでしょうか。

近年は、悪質な業者の手口も巧妙化していますので、カードの不正利用よりも微妙な換金率の詐欺などを疑っていく方がよさそうです。

安心して利用できるクレジットカード現金化優良店ランキング

1位あんしんクレジット
★★★★★
あんしんクレジットのトップ画像

最大98.8%の換金率「あんしんクレジット」

最大換金率 98.8% 振込最短時間 10分
営業時間 9:00~20:00(年中無休) 土日祝日対応 可能

あんしんクレジットは他社に負けないための4つのポイントを保証することで、クレジットカード現金化ジャンルにおいて換金率ナンバーワンを達成した優良業者です。

ショッピング枠を現金化する上で、換金率は欠かせないポイントです。とにかく換金率にこだわる方は、あんしんクレジットがおすすめです。

あんしんクレジット詳細はこちら


2位

キャッシュライン
★★★★★

キャッシュライン公式サイト

キャッシュラインは業界最大手が運営するクレジットカード現金化サービスです。

最大換金率 98.8% 振込最短時間 5分
営業時間 9:00~20:00(年中無休) 土日祝日対応 可能

5年間にわたって優良業者としてユーザーにサービスを提供してきたのが業界最大手のキャッシュラインです。クレジットカード現金化の優良業者リサーチで総合ナンバー1に輝いたこともある実績で、換金率も高く振り込みも早い優秀な業者です。

キャッシュライン詳細はこちら


3位ギフトクレジット
★★★★★

信頼と実績のギフトクレジット

信頼と実績のギフトクレジット

最大換金率 92%(他社より低い場合は対応) 振込最短時間 5分
営業時間 9:00~21:00(年中無休) 土日祝日対応 可能

これまでに「イマイチ信頼できる現金化業者がない」、「明らかに換金率を下げられてる」なんて思ったことがある方におすすめなのが、ギフトクレジットです。

信頼と実績を第一に考えて、来店不要で即日対応、親切丁寧なサポートが特徴です。

ギフトクレジット詳細はこちら