クレジットカード現金化と過払い金請求について

過払い金請求

クレジットカード現金化は、優良店を厳選して利用しているなら今後もスムーズな取引を続けていける可能性は高いですね。

しかし、現金化業者の中には、微妙な換金率で現金化を提供している業者もあり、計算してみると、換金率が低いサービスを長期間に渡り使ってしまった。という方もいるかもしれません。

そんな時に気になるのが、金融業界で一時話題になった過払い金の問題です。クレジットカード現金化に対して、過払い金の請求はできるのか、という事について考えてみます。

【こちらの記事も読まれています】
過払い金の請求でまさかの100万円以上の返還!

クレジットカード現金化とは

ネットで申し込み

まずは、クレジットカード現金化が、どんな仕組みを利用したものなのかがわからなければ、理解することは難しいので、このシステムについて考えてみましょう。

ショッピング枠を換金するもの

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を換金するというものです。ショッピング枠は通常、その名のとおり、カードを使って手軽にショッピングを楽しむものですよね。しかし、現金化業者を間に挟むことによって、買い物をする代わりに、現金を手にすることができます。

クレジットカード現金化と過払い金請求

現金化と過払い金請求

クレジットカード現金化が、どんなものなのかを確認したら、今度はこのサービスに対して、過払い金の請求をすることができるのかを考えてみます。

誰に対して過払い金を請求するのか?

まず考えたいのが、誰に対して過払い金を請求するのか、という問題です。クレジットカード現金化業者を介して、ショッピング枠を換金した場合は、この現金化業者に対して過払い金を請求することが考えられますね。

クレジットカード現金化業者は貸金業なのか?

過払い金の請求事例を確認してみると、そのほとんどが消費者金融などの貸金業に対して行われていることがわかります。

そして、これは判断が難しい部分なのですが、クレジットカード現金化業者のほとんどは貸金業ではないという立場でサービスを提供しているんです。

ショッピング枠の換金は、ショッピング枠自体に割り当てられるカード会社の金利に上乗せするかたちで、現金化業者の換金率という名の手数料を支払うことになります。そのため、金利だけを確認すれば、かなりの高金利でお金を借りたのと同じことになるんです。

クレジットカード現金化業者が貸金業なら過払い金は戻ってくる?

これまでに、違法の現金化業者が摘発されて話題になったケースが何件がありますが、該当の業者に対して、国は貸金業とみなしているんです。

そして、ショッピング枠の換金は、利息制限法の上限を上回っている可能性が高く、現金化業者をあくまでも貸金業とみなすのならば、利息という意味では、過払い金請求の条件が整っているということになりますね。

クレジットカード現金化業者次第

クレジットカードの現金化業者が貸金業とみなされるかどうかは、業者次第だといえそうですね。貸金業とみなされない場合は、過払い金の請求は難しくなってきますが、貸金業とみなされるような業者の場合は、弁護士などの専門家に相談してみるのもよさそうです。

いずれにしても貸金業とみなされてしまうような業務形態の現金化業者は、違法性が高い取引を行っている可能性があり、場合によってはヤミ金などと連携していることもあるんです。

かたちだけの現金化業者である可能性も考えられるので、本当に一般的な現金化業者なのかを調べてみる必要もありそうですね。

クレジットカードのショッピング枠の性質について

クレジットカード会社

続いて、クレジットカードのショッピング枠というものの性質について確認してみますね。こちらもクレジットカード現金化で過払い金の請求ができるかに大きく関係してくるんです。

ショッピング枠に過払い金の請求はできない

結論からいってしまうと、ショッピング枠に対して過払い金を請求することはできないんです。ショッピング枠の性質について考えてみると、ショッピング枠での買い物というのは、カード会社が一時的に、利用者の代金を立て替えているにすぎないんです。

利息制限法が適用されない

ショッピング枠は、あくまでも利用者の買い物代金を一時的に立て替えているだけなので、利息制限法が適用されないんです。

ショッピング枠の金利についても、厳密には手数料というかたちで支払うことになるので、利息制限法の上限を超えていても、そもそも適用されないということになっています。

カード会社に対しては過払い金の請求はできない

このようにショッピング枠を使っているだけでは、カード会社に対して過払い金を請求することはできません。こちらも今後クレジットカード現金化を利用する上での予備知識として覚えておきたいところですね。

クレジットカードの現金化で自己破産

自己破産

クレジットカードの現金化を利用している人は、お金に困っている人が多いです。そのため、中には限界に達してしまい、自己破産という選択を選ぶ人もいるかもしれませんね。

そして、そんな場合にクレジットカード現金化で現金を調達した行為が、自己破産の妨げになるのかどうかを考えてみますね。

自己破産可能かどうかはケースバイケース

自己破産が可能かどうかは、本当にケースバイケースが多く、同じような状況でも、自己破産できた人とできない人でわかれることは珍しくはないんです。

そして、これはクレジットカード現金化においても同様で、自己破産をした人の中には、現金化を利用した上での自己破産をした人もいます。

普通に考えると、クレジットカード現金化を利用しての自己破産は認められないと考えてしまうかもしれませんが、あくまでも判断するのは法の専門家なので、まずは専門機関に相談してみることが重要です。

クレジットカード現金化で過払い金請求の可能は低い

現金化の過払い金請求

クレジットカード現金化と過払い金の請求について考えてきました。結論としては、現金化に対して過払い金を請求できる可能性は低く、これがグレーゾーンの範囲内でサービスを提供している業者になると、より可能性は低くなりそうです。

また、現金化業者だけではなく、ショッピング枠を提供するカード会社に対しての過払い金請求も難しいので、このようなことからも、クレジットカード現金化に対して過払い金の請求をするということは、あまり現実的ではないですね。

クレジットカードの現金化を利用するなら、実績があり信頼できる優良業者を選ぶことが一番大切だと言えるのではないでしょうか。

ネットで簡単!おすすめクレジットカード現金化優良店ランキング

1位換金クレジット
★★★★★
換金クレジット

当日プランで最短5分での現金化を実現。急な出費にも安心の「換金クレジット」

最大換金率 98%以上(他社より低い場合は対応) 振込最短時間 5分
営業時間 24時間(年中無休) 土日祝日対応 可能

「換金クレジット」はカードの利用停止や不正利用一切無しの安心運営が自慢の業者で、業界では後発組と言われながらも、既存の業者を上回る実績を着実に積み重ねています。

換金率が他社よりも低い場合は、換金率をさらに上げてもらうことが可能。当日プランと、通常プランの換金率の違いも1%と、かなりお得に現金化ができるのでお勧めです。

換金クレジットの詳細はこちら


2位あんしんクレジット
★★★★★
あんしんクレジット

初回利用は還元率5%アップ!土日祝日も対応の「あんしんクレジット」

最大換金率 98.8% 振込最短時間 10分
営業時間 9:00~20:00(年中無休) 土日祝日対応 可能

営業時間外でもサイトからの申し込みがスムーズで、翌朝すぐ振込対応してくれるのがうれしいポイント。便利に利用できることからリピーター率が高いのも特徴です。

リボ払い・分割払いOKで余裕を持った返済プランを組むことができるのも安心。「通常プラン」「女性プラン」「法人カードプラン」と様々なプランが選べるので、自分にあったプランを選べて、最大98.8%と納得の換金率です。

あんしんクレジット詳細はこちら


3位ハピネス
★★★★★

現金化のハピネス

業界No.1の還元率!最短3分で現金化。初めてでも安心サポートの「ハピネス」

最大換金率 98.8%以上 振込最短時間 3分
受付時間 24時間(年中無休) 土日祝日対応 可能

「ハピネス」の最大の特徴は、最大98.8%の還元率。他社と比較してもかなりお得に現金化が可能の優良業者で、リピーター率はなんと88.2%を誇ります。

初めてでも安心、安全のユーザーサポートも特徴で、24時間対応のネット銀行なら休日でも対応可能。女性に優しい「女性プラン」は換金率が1%上乗せになるのも嬉しいサービスですね。

徹底した安全管理で創業以来カード事故0!カードの利用停止や不正利用一切無しの安心運営に定評がある業者で、接客対応の良さも人気の秘訣です。

来店・審査一切無し、申し込みから最短3分で振込まで完了するスピードが最大の魅力となっています。

ハピネスの詳細はこちら