クレジットカード現金化と似ている一般的な換金方法とリスクとは?

クレジットカード現金化と似ているサービス

「クレジットカードの現金化」、こんな言葉を聞くと、なんだか犯罪をしているようで、逮捕でもされてしまうのではないか?なんて思っている方もいるかもしれません。

しかし、正確にはクレジットカードのショッピング枠を現金に換金するサービスであり、決して犯罪を犯しているわけではありません。

このサービスが注目を浴び始めたのは、総量規制が取り上げられた時期なので、一般人に浸透しているとはいえないでしょう。そのため、初めてクレジットカードの現金化を利用する時には大きな不安が付きまといます。

そんな方のために、皆さんが日常生活で行う可能性のある物事と、クレジットカードの現金化を比較して紹介してみようと思います。また、自分で換金する方法やその場合のリスクなども解説します。

ギフト券や金券の換金

ギフト券と金券

ギフトに使ったり、そのままお買い物に使ったりできる便利なギフト券ですが、人によってはまとめて換金ショップに持っていき、現金にする人もいます。

この際にクレジットカードでギフト券を購入したのならば、それはクレジットカードの現金化業者の手法の一部と同じようなものになります。

キャッシュバック形式の場合は、換金してもあまり価値のない商品の特典として現金が入金されるので該当はしませんが、換金率と商品の売却益の差で利益を出すような方式の場合は、金券の換金とかなり似ています。

しかし、クレジットカード現金化業者は金券のような換金率の高い商品をユーザーに買わせたりすることはありません。これは換金性の高い取引としてクレジットカード会社の規約で禁じられているからです。

そのため、購入する商品の換金率を調整して、あくまでもクレジットカード会社に合法性をアピールするようにしています。

このように換金率の大小こそ違いますが、金券の換金はクレジットカードの現金化と近い場所に存在するものであることがわかります。

乗車券やコンサートチケットの転売

乗車券やコンサートチケットの転売

乗車券やコンサートのチケットは利益を目的とした転売の場合は違法となります。しかし、ネットオークションなどを観察してみると、実に膨大な数のコンサートチケットや乗車券が転売されています。

人気の商品になると、購入費用の倍以上の金額で取引されることもありますが、あくまでもそのサービス利用を目的として購入した商品であれば、オークションなどを使って売却しても違法ではありません。

実用例としては、「人気グループのコンサートのチケットを購入していたが、急用が入り行けなくなってしまった。チケットの場合キャンセル不可の場合が多いため返品もできない。」このような場合にオークションを使って売却すれば完全に元を取れる可能性もあります。

このように商品によっては乗車券やコンサートチケットも換金率の高い商品に該当するので、クレジットカードの現金化と無関係とはいえないでしょう。

ただし、乗車券やチケットの換金もクレジットカード会社に監視されやすい部分ですし、そもそも利益目的の転売が禁止されているので、まともな現金化業者の場合はこれらの取引をユーザーにさせることはないでしょう。

クレジットカード等を作成してキャッシュバック

クレジットカード

インターネットに詳しい方なら知っているかと思いますが、ネット上で何らかの商品を利用した特典としてキャッシュバックをするシステムがあります。銀行のローンカード作成、投資用口座開設、そしてクレジットカードの作成に対してキャッシュバックが行われることもあります。

このキャッシュバックですが、クレジットカードの現金化にはキャッシュバック方式というタイプもあって、オンラインショッピングの特典として換金率に応じた現金を振り込みしてくれるものです。

実際に何かのサービスを使ってキャッシュバックを受けた経験がある方なら、このサービスを実感しやすいはずです。

自分で現金化する場合のリスク

自分で現金化するリスク

このようにクレジットカードの現金化と他サービスの類似点を探ってみると、色々な類似点を見つけることができます。

そのほとんどが、私たちが一般的に利用しているサービスなので、実はこれらを組み合わせることで自分でクレジットカードの現金化をすることもできます。当然その場合は、業者の利益に該当する部分が発生しませんので、換金率は高くなります。

しかし、ここで注意が必要なのは、クレジットカード現金化は法律をよく理解していないと、ひとつ手順を間違えるだけで犯罪に該当してしまう可能性があるという事です。

事実、誤ったプロセスで現金化を提供していた悪質な業者が逮捕されメディアに取り上げられたこともありますので、自分で現金化する場合はそのリスクを背負うことになります。

その点、優良店の場合は正しいプロセスを踏まえた上で、しっかりとした手順を踏んで現金化をしてくれますので、逮捕されるようなことはないでしょう。

自分でクレジットカードの現金化をする場合はカード利用停止の恐れも

クレジットカード利用停止

自分でクレジットカードの現金化をする場合には、クレジットカードの利用を停止されてしまう可能性もあります。

素人が行う現金化は、ついつい利益ばかりに目がいって換金性の高い取引を続けてしまいがちです。これはクレジット会社が非常に神経質になっている部分であり、一度くらいの換金性の高い取引では停止されないかもしれませんが、これが繰り返しになると多くの場合が利用停止になってしまうでしょう。

クレジットカードの利便性を考えると、使えなくなった場合のペナルティはとても大きなものになるので、やはり現金化はプロの業者に依頼するのが一番安全でしょう。

クレジットカード現金化はプロに任せた方が安心

クレジットカード現金化のプロ

クレジットカードの現金化は危ない。このように不安を持っていた方でも、私たちが日常的に使っているサービスとに類似点を見つけることができれば、現金化に対する不安感が和らぐのではないでしょうか。

特にインターネットが発達した昨今においては、ネットショッピングやオークションでの転売に違和感のある人はほとんどいないはずです。

さらに、優良業者を厳選して利用すれば、違法性やカード会社からのペナルティのないクリーンな取引でクレジットカードの現金化を利用することができます。

ネットで簡単!おすすめクレジットカード現金化優良店ランキング

1位インパクト
★★★★★
インパクト

インパクトなら安心・安全、最短5分で即日現金化!新規申し込みはさらに2%UP!

最大換金率 98.6%以上(他社より低い場合は対応) 振込最短時間 5分
受付時間 24時間(年中無休) 土日祝日対応 可能

来店不要・収入証明書不要・カード停止トラブルゼロ、「インパクト」は、数ある現金化サイトの中でも特に初心者におすすめのサイトです。

他社との比較で1%でも低い換金率の場合、可能な限り対応してくれるという点も人気の理由ですね。

「現金が必要だけど、借金はしたくない」「突然の出費で時間がない」「はじめてだから不安…」そんな方にも親身になって相談にのってくれるから安心。誰にも知られず、すばやく現金化が可能です。

インパクトの詳細はこちら


2位あんしんクレジット
★★★★★

あんしんクレジット

初回利用は還元率5%アップ!土日祝日も対応の「あんしんクレジット」

最大換金率 98.8% 振込最短時間 10分
受付時間 9:00~20:00(年中無休) 土日祝日対応 可能

営業時間外でもサイトからの申し込みがスムーズで、翌朝すぐ振込対応してくれるのがうれしいポイント。便利に利用できることからリピーター率が高いのも特徴です。

リボ払い・分割払いOKで余裕を持った返済プランを組むことができるのも安心。「通常プラン」「女性プラン」「法人カードプラン」と様々なプランが選べるので、自分にあったプランを選べて、最大98.8%と納得の換金率です。

あんしんクレジット詳細はこちら


3位ゼロスタイル
★★★★★
ゼロスタイル

ゼロスタイルだけの安心宣言!お客様に約束する「3つのゼロ」!

最大換金率 99.2% 振込最短時間 5分
受付時間 24時間(年中無休) 土日祝日対応 可能

ゼロスタイルは、「ショッピング枠現金化手数料0円」「過去のクレーム件数0件」「現金化の診断・見積もり0円」という3つのゼロを約束し、顧客満足度No.1を誇っています。

初回利用でも10分程度で即日振込、創業以来クレーム0件というのは、利用者にとってはかなりの安心材料ですね。

「はじめてだから不安…」「店舗に出向く時間がない」という人にも、現金化可能額の診断や見積もり無料、WEBから簡単申し込み可能で、安心してクレジットカードの現金化ができます。

ゼロスタイルの詳細はこちら