クレジットカード会社の規約で禁止されている換金性の高い取引とは?

カード会社の規約で禁止されている換金性の高い取引

クレジットカードの現金化は、年々取引数が増えてきていますので、カード会社もその状況をある程度把握しています。

ショッピング枠の現金化は、基本的にどのカード会社も規約で禁止している部分ですが、どの取引が換金目的なのかはカードを利用した本人しかわかりません。そのため、カード会社はある程度の基準を設け、「換金目的なのか」「普通のショッピングなのか」を見極めていますので、その基準について知っておくことが大切です。

今回は、クレジットカード会社の規約で禁止されている換金性の高い取引とは、どのような取引なのかを説明します。

関連記事:クレジットカード現金化って商品を購入するの?その仕組みを徹底解説

換金性の高いもの① ブランド品

換金率の高いブランド品

ブランド品は人気商品になると、非常に高い換金率になります。より多くの人が求めている有名なバッグや時計などは換金率が低下しにくい傾向があり、中にはこれらの商品を転売して生活する人もいるくらいです。

素人には各商品の相場の把握が少し難しいですが、現金化業者はそれらの知識を持っていますので、換金率の高い商品をピンポイントに狙うことも可能です。しかし、高額なバッグや時計などを繰り返し購入して現金化すると、かなりの確率でカード会社に目を付けられてしまう可能性があります。

換金性の高いもの② 商品券

商品券

商品券を換金する方法は、古くから金券ショップなどで行われています。特に換金率の高い信販系の商品券になると、換金率が95%程度、店舗によってはそれ以上になります。

ほとんどロスなく、現金を手にすることができる方法ですが、商品券をクレジットカードで購入して現金化する方法は、換金目的の取引以外のなにものでもありませんので、ブランド品以上にカード会社に目を付けられる可能性があるでしょう。

ブランド品は趣味の一環で通るかもしれませんが、商品券の場合は言い逃れようがありません。そのため、ほとんどの現金化業者が避けている商品であり、もし商品券を買わされるようなことがあれば注意した方がいいでしょう。

換金性の高いもの③ 新幹線の回数券

新幹線の回数券

かつてはオレンジカードなどと呼ばれていた商品ですが、これは現金化をする場合は非常に危険な商品だと言えます。信販系の商品券と同等の換金率で、さらに商品券の場合はクレジットカードで購入するのが難しいですが、新幹線の回数券は簡単に手に入ってしまうのです。そのため、普通の人が現金化をしようと思ったら、まず最初に思い浮かべるのがこの商品です。

当然、カード会社もその事実を知っており、監視の目を光らせていますので、新幹線の回数券を使った換金目的のカード利用でペナルティを受けてしまう人が続出しているという状況です。

換金性の高いもの④ Amazonギフト券

Amazonギフト券

Amazonは、今となっては知らない人がいないくらいの巨大オンラインショッピングですが、Amazonにはギフト券が存在し、これを使ってショッピングが可能です。そして、このAmazonギフト券は換金率の高いアイテムとして知られています。そのため、現金化業者が換金に使っていることも珍しくありません。

Amazonギフト券はいくつかの形態を持っていて、その中にギフト番号だけのものも存在します。ギフト番号さえ相手に伝えれば、簡単に取引ができるので、来店不要のクレジットカードの現金化サービスと非常に相性が良いのです。この点もあって、クレジットカード現金化と、Amazonギフト券の現金化の二本柱でサービスを提供する業者も存在しています。

換金性の高いもの⑤ 家電製品

家電製品とゲーム機

家電製品は換金率が現実的な数字ということで、よくクレジットカード現金化業者も取り入れている商品です。流行りすたりが大きい商品でもありますが、プロならどの商品が高く売れるかを熟知していますので、自社の利益も追及できますし、ユーザーにより高い換金率を提示できます。

ゲーム機

近年、発売されたばかりのゲーム機の値段が高騰する傾向があり、品薄状態が続くような人気のゲーム機なら、かなりの換金率で換金できることもあります。ゲーム機の転売を専門に行っている業者もいるくらいなので、こちらも換金率の高い商品として知っておくとよいでしょう。

換金性の高いもの⑥ コンサートチケット

コンサートチケット

人気アーティストのコンサートチケットにもなると、席の良し悪しにかかわらず、正規価格の倍以上の値段が付けられることも珍しくありません。

専門の転売屋が存在するくらい換金率の高い商品として知られていますが、クレジットカード現金化サービスに組み込むのは難しい商品なので、あまり見かけることはないでしょう。

開催日を過ぎてしまうと価値がゼロになってしまいますし、席によっての値段の変動も大きく、販売数が少ないのでまとめて手に入れることも難しい商品です。

個人での現金化はリスクが高い

個人での現金化はリスクが高い

このようにクレジットカード会社が示している換金性の高い商品には色々とあることがわかりました。その中でも特に注意が必要なのは新幹線の回数券で、クレジットカードで容易に買えてしまうことも換金目的での購入に拍車をかけてしまっています。

商品券も換金性の高さでは危ない商品ですが、クレジットカードでの購入がかなり難しい商品のため、カード会社の監視としては新幹線の回数券の方が危険度が高いでしょう。

逆に家電製品などは目利きが必要な部分も多く、実際に現金化用の商品として取り入れている業者もあり、換金率の割にはそこまで高い危険性があるわけではありません。

このように換金性の高い商品といっても、それぞれによって特徴やカード会社の考え方が異なってくるため、クレジットカード現金化の予備知識として覚えておきましょう。

いずれにしても、個人で現金化しようとした場合はリスクが高いので、優良な現金化業者に依頼することが一番安全な方法だといえます。

ネットで簡単!おすすめクレジットカード現金化優良店ランキング

1位インパクト
★★★★★
インパクト

インパクトなら安心・安全、最短5分で即日現金化!新規申し込みはさらに2%UP!

最大換金率 98.6%以上(他社より低い場合は対応) 振込最短時間 5分
受付時間 24時間(年中無休) 土日祝日対応 可能

来店不要・収入証明書不要・カード停止トラブルゼロ、「インパクト」は、数ある現金化サイトの中でも特に初心者におすすめのサイトです。

他社との比較で1%でも低い換金率の場合、可能な限り対応してくれるという点も人気の理由ですね。

「現金が必要だけど、借金はしたくない」「突然の出費で時間がない」「はじめてだから不安…」そんな方にも親身になって相談にのってくれるから安心。誰にも知られず、すばやく現金化が可能です。

インパクトの詳細はこちら


2位あんしんクレジット
★★★★★

あんしんクレジット

初回利用は還元率5%アップ!土日祝日も対応の「あんしんクレジット」

最大換金率 98.8% 振込最短時間 10分
受付時間 9:00~20:00(年中無休) 土日祝日対応 可能

営業時間外でもサイトからの申し込みがスムーズで、翌朝すぐ振込対応してくれるのがうれしいポイント。便利に利用できることからリピーター率が高いのも特徴です。

リボ払い・分割払いOKで余裕を持った返済プランを組むことができるのも安心。「通常プラン」「女性プラン」「法人カードプラン」と様々なプランが選べるので、自分にあったプランを選べて、最大98.8%と納得の換金率です。

あんしんクレジット詳細はこちら


3位ゼロスタイル
★★★★★
ゼロスタイル

ゼロスタイルだけの安心宣言!お客様に約束する「3つのゼロ」!

最大換金率 99.2% 振込最短時間 5分
受付時間 24時間(年中無休) 土日祝日対応 可能

ゼロスタイルは、「ショッピング枠現金化手数料0円」「過去のクレーム件数0件」「現金化の診断・見積もり0円」という3つのゼロを約束し、顧客満足度No.1を誇っています。

初回利用でも10分程度で即日振込、創業以来クレーム0件というのは、利用者にとってはかなりの安心材料ですね。

「はじめてだから不安…」「店舗に出向く時間がない」という人にも、現金化可能額の診断や見積もり無料、WEBから簡単申し込み可能で、安心してクレジットカードの現金化ができます。

ゼロスタイルの詳細はこちら