母子家庭(シングルマザー)の生活を助ける手当と支援制度まとめ

母子家庭

母子家庭(シングルマザー)は、母親ひとりで子育てをしなければならないので、色々な意味で負担が大きいですね。母子家庭の負担で大きいのは、精神的な負担と経済的な負担だといえるでしょう。

今回は、そんなシングルマザーの経済面の負担を軽減してくれる支援制度について紹介していきますね。

シングルマザーの精神面の負担は、経済面からくる場合も多いので、支援制度を活用することで、2つの負担を同時に解消できるかもしれません。

【こちらの記事も読まれています】
お金がなくて生活が苦しい時に助けてくれる様々な国の制度

児童扶養手当

児童扶養手当

児童扶養手当は、母子家庭(シングルマザー)が国や地域から経済的な支援をしてもらう場合、真っ先に思い浮かぶ制度ではないでしょうか。

事故や病気などで両親のどちらかが死亡してしまった際に、子供に対して手当が支給されます。

両親の離婚も条件に当てはまり、死別して母子家庭になった場合、離婚して母子家庭になった場合の両方で支援してもらうことができるんです。

所得制限について

児童扶養手当は、母子家庭にとって嬉しい制度ですが、注意しなければならない部分もあるんです。

それが所得制限という決まりで、各家庭の所得に応じて、支給される金額が異なってきます。所得制限は、所得の他に、子供の人数、扶養している親族の人数によって異なります。

所得が一定以上ある場合は、一部支給だったり、制度自体が利用できない可能性があるので、よく確認して利用したいところですね。

児童扶養手当の申請方法について

児童扶養手当は、死別後や離婚後に自動的に開始されるわけではありません。お住まいの地域の役場で申請することになるので、忘れずに申請するようにしましょう。

児童手当

児童手当

児童手当は、児童扶養手当と共に、母子家庭をサポートしてくれる制度です。

15歳までの国内で暮らす児童全員が対象になっていて、児童扶養手当よりも支給金額が少ない代わりに、より多くの家庭が利用できます。

また、児童手当は母子家庭だけが対象というわけではなく、15歳までの児童がいる家庭ならば、対象になります。

手当の金額について

児童手当は、年齢に応じて手当の金額が変わっていき、0~3歳未満の児童が一番多い一律1万5000円となっています。そこから成長と共に支給額が減額され、中学を卒業すると支給が停止されます。

児童扶養手当と同じく、所得制限もありますが、比較的所得額が高く設定されているので、経済的に困っているシングルマザーの場合は、この制限に引っかかる可能性は低そうですね。

子供の人数分だけ支給されるので、お子さんの多い家庭は、とても助かります。

児童手当の申請方法について

児童扶養手当と同じく、お住まいの地域の役場で申請することで支給されるようになります。

生活保護

生活保護

生活保護は、母子家庭だけを対象しているわけではなく、より包括的に生活困窮者を支援する目的で作られた制度です。

シングルマザーが経済面で困っている場合は、児童手当や児童扶養手当と共に、選択肢として考えたいところですね。

支給額が大きい

生活保護は、児童扶養手当などの母子家庭に対して支給される制度と比べると、支給額が大きくなっています。

そのため、児童扶養手当などだけでは、経済面をカバーしきれない場合に、活用したいところですね。

児童扶養手当を利用している場合

生活保護を利用する場合は、すでに利用していた児童扶養手当がどうなるのか、気になりますよね。

生活保護は、収入に応じて受給資格や支給額が決定する制度です。

そして、すでに児童扶養手当を利用している家庭が、生活保護を受ける場合は、児童扶養手当の支給額が収入と見なされ、その分が差し引かれるようになっているんです。

申請方法について

生活保護の申請は、お住まいの地域にある福祉事務所が担当になっています。福祉事務所の場所については、厚生労働省のホームページから確認することができますよ。

母子福祉資金貸付金

母子福祉資金貸付金

母子福祉資金貸付金は、母子家庭も利用できる制度で、優遇された利息で、お金を借りることができます。

日々の生活は、お給料で何とかなる場合でも、子供の学費や母親の就職のための技能習得など、大きなお金が必要な場面は必ずありますよね。

母子福祉資金貸付金は、そんな状況を助ける制度なんです。

母子福祉資金貸付金には色々な種類がある

母子福祉資金貸付金には、様々な用途があって、子供の学費や母親の就職のための技能講習に必要な費用を借りることもできます。

また、事業を開始するための資金、母子の就職支度金、医療介護資金など、色々な種類があるので、大きめのお金を借りようと思っている場合には、母子福祉資金貸付金についても確認しておきたいところですね。

申請方法について

お住まいの地域の福祉課が担当となっています。また、貸付金の種類は、地域によって異なってきますので、まずは担当者の話を聞いてみるのがよいですね。

クレジットカード現金化も困った時にはおすすめ

クレジットカード現金化

クレジットカードの現金化は、日々の出費で、少しお金が足りないと思った時におすすめのサービスです。

総量規制の対象外

クレジットカード現金化をシングルマザーにおすすめする理由は、何といっても総量規制の対象外という点です。

経済面に不安を抱える母子家庭は、キャッシングをしようと思っても、総量規制でお金が借りられない可能性が高いです。

しかし、クレジットカードの現金化なら、ショッピング枠を換金するという方法を利用するので、総量規制の対象外ですし、過去の信用情報なども無関係です。

少額から利用できる

「毎月1~2万円くらいの現金が必要。」このような希望もクレジットカード現金化ならかなえられます。

クレジットカードの現金化は、少額から利用可能になっているので、高額利用に比べて、少し換金率が下がってしまいますが、1~2万円程度の利用も可能です。

クレジットカード現金化の条件は?

気になるクレジットカード現金化の条件なのですが、お持ちのクレジットカードのショッピング枠に残高が残っていればOKです。

そのショッピング枠が利用可能額の上限になって、後はネットから簡単に申し込むことができます。

レディース特典などの女性優遇制度を実施するサービスもあるので、お金に困った時にはクレジットカードの現金化も選択肢の一つに入れておいてもいいかもしれませんね。

ネットで簡単!クレジットカード現金化優良店ランキング

1位和光クレジット
★★★★★

和光クレジット

他社より換金率が低い場合は対応!初心者にも人気の「和光クレジット」

換金率 最大94%以上(他社より低い場合は対応) 振込最短時間 5分
受付時間 24時間 土日祝日対応 可能

和光クレジットは、クレジットカード現金化店の中でも、特に振り込みスピードにこだわっているショップで、数多くのユーザーが利用している人気の優良店です。

最短5分で即日振込み、換金率も他社より低い場合は対応してもらえるので、急な出費などに頼れるクレジットカード現金化店を探している方には特におすすめです。

簡単5分!お申し込みはこちら


2位

クレカ堂
★★★★★

クレカ堂ホームページ

多様なサービスで女性も安心・楽々の現金化「クレカ堂」

換金率 93%~95% 振込最短時間 5分
受付時間 24時間 土日祝日対応 可能

ユーザーの75%が女性というクレカ堂は、現金化を初めて利用する女性にも安心のサービスを提供している優良店です。さらに女性には換金率3%アップキャンペーンも実施しています。

わからない事や不安な事にも、経験豊富なスタッフが親切・丁寧に対応してくれるので、クレジットカード現金化初心者の方や女性におすすめです。

簡単5分!お申し込みはこちら


3位換金館
★★★★★

換金館ホームページ

初めての方でも簡単・安心!最大換金率98.4%を誇る「換金館」

換金率 88%~98.4% 振込最短時間 5分
受付時間 24時間 土日祝日対応 可能

「クレジットカード現金化を初めて利用するんだけど、どの業者を選べばいいか分からないし、なんだか不安…」という方におすすめなのが、最大換金率98.4%を誇る換金館です。

信頼性と安心を第一に考えた親切丁寧なユーザーサポートが特徴です。手続きもとても簡単で最短5分ほどで現金化が可能です。簡単5分!お申し込みはこちら