借金解決は自己破産だけじゃない!任意整理や民事再生との違いとは?

借金解決は自己破産だけじゃない

借金を法的に解決する方法を想像した時、「自己破産」という言葉を思い浮かべる方も多いと思います。そして、自己破産と聞くと、ついついマイナスイメージを連想してしまいがちですが、実際には借金問題を解決して再スタートを切るための選択肢のひとつにすぎません。

さらに、法的な借金の解決法には、自己破産の他にも「個人民事再生」「任意整理」があり、必ずしも自己破産だけというわけではありません。現在、借金に苦しんでいる方は法的な解決法の詳細と違いについて確認しておきましょう。

【こちらの記事も読まれています】
家族にバレないようにクレジットカード現金化を利用するためには?

自己破産について

自己破産

自己破産と聞くと、「全てを投げ捨てて、どん底からの再スタート」、このように感じてしまう方も多いのですが、確かにそれに近い部分はあるものの、必ずしもゼロからのスタートというわけではありません。この認識の違いが、法的整理を遅れさせ、取り返しのつかない事態を招くこともあるので、正しい認識を心がけましょう。

全ての財産を没収されるわけではない

自己破産を躊躇してしまう理由のひとつが、「全てを失ってしまうのではないか?」という思い込みです。

しかし、自己破産の際に借金の返済に充てられる財産には明確な基準ばあって、それに該当しないものは基本的に財産とはみなされません。価値のない家電などはそのまま残されますし、現金や預金も一部残すことができるのです。

もちろん、自己破産後は様々な制約を背負うことになりますが、実際に自己破産した方の話を聞いてみると、良い意味で「思っていたのとは随分違った」という人もいます。

家族や親族への影響について

周辺住民に噂話をされるなどの間接的な影響を除き、家族に直接的な影響を与えることはほとんどありません。家族の財産まで差し押さえられて支払いに充てられることはありませんし、両親の就職先に迷惑をかけるということもありません。

しかし、注意が必要なのは家族や親族が借金の連帯保証人になっている場合で、自己破産をした人への取り立ては止まりますが、連帯保証人へ請求する権利は残ります。

自己破産は何が問題なのか

自己破産のデメリットはいくつかありますが、一番注意したいのが借金ができなくなることでしょう。自己破産者は、信用情報に事故情報として登録されるので、キャッシングやカードローン、クレジットカードの発行などもできなくなります。

自己破産をするくらいなので、おそらく破産前はこれらが生活に一部になっていたはずです。そのため、予想以上に金銭面が窮屈なってしまう方が多いのです。

しかし、この事故情報も永遠に残るわけではなく、一般的に5~10年程度で抹消されます。このことから、自己破産10年目くらいまでは借金のできない厳しい生活が続く可能性があるわけです。

任意整理について

任意整理について

借金問題を法的に解決したい場合、多くの方が利用しているのが任意整理です。自己破産は、裁判所に破産宣告をして認められる必要がありますが、任意整理は裁判所は関係ありません。あくまでも、債権者との話し合いでの解決を目指す方法で、自己破産に比べると穏便な方法だともいえるでしょう。

通常は専門家に対応を任せることになり、司法書士が対応してくれます。債権者にとって返済の見通しが立たないのは非常にリスクがあることで、任意整理はこのリスクを逆手に取った方法です。

全く返済されないくらいなら、借金を減額してでも返済してもらった方が双方にメリットがあり、そのための交渉をあらゆる観点から専門家に行ってもらうのです。

交渉なので応じてもらえない可能性もある

任意整理は裁判所を介さない、あくまでも当事者同士の交渉です。司法書士を介して行われますが、相手が交渉に応じない場合は成立しないので任意整理はできません。

また、利息カットや一括返済による減額を狙っていきますが、一括返済は家族や親族の協力が必要になってくることから、ほとんどの場合が利息カットにとどまり、今後の借金返済がなくなるわけではありません。その意味では、自己破産に比べて借金の減額効果は低いといえるでしょう。

個人民事再生について

個人民事再生

民事再生などと聞くと、会社が破産したニュースを思い浮かべるのではないでしょうか。これは法人だけではなく、個人にも該当する法律で、借金の法的整理を目指すなら、個人民事再生も選択肢にあります。

これは、上で紹介した自己破産と任意整理の中間に位置する債務整理で、任意整理以上の減額効果を持ち、自己破産ほど財産の差し押さえが厳しくないものです。

借金が大幅に減額される

任意整理は、あくまでも将来の利息カットにとどまることも多いのですが、民事再生は借金を5分の1程度に減額できる可能性があります。自己破産のように返済義務を放棄できるわけではありませんが、ここまで借金を減額できれば、かなり楽になるはずです。

しかし、注意点として小規模個人再生を利用する場合は3年間で返済する必要があるなど、いくつかの制約があります。

高価な財産を引き続き保持できる

自己破産は価値のある財産は全て没収されます。しかし、民事再生の場合は住宅をはじめとした高価な財産を保持することができ、どうしても手放せない住宅がある等、特別な事情を持つ方の債務整理に向いています。そのため、住宅ローンについては一切減額されず、それ以外の借金が減額対象となります。

安定した収入が条件

民事再生には、小規模個人再生と給与所得者等再生という2つの手段があるのですが、いずれも減額された借金を一定期間内に返済できる安定収入や継続収入の見込みが求められます。

様々な手段から自分に合ったものを選ぼう

個人が債務整理をする手段

借金の解決といえば、イコール自己破産と考えてしまう方がいますが、実際には民事再生や任意整理というように様々な手段があります。個人が債務整理をする手段にはどんな方法があるのかをしっかりと認識した上で、新しい人生に向けて希望を見い出しましょう。

安心して利用できるクレジットカード現金化優良店ランキング

1位あんしんクレジット
★★★★★
あんしんクレジットのトップ画像

最大98.8%の換金率「あんしんクレジット」

最大換金率 98.8% 振込最短時間 10分
営業時間 9:00~20:00(年中無休) 土日祝日対応 可能

あんしんクレジットは他社に負けないための4つのポイントを保証することで、クレジットカード現金化ジャンルにおいて換金率ナンバーワンを達成した優良業者です。

ショッピング枠を現金化する上で、換金率は欠かせないポイントです。とにかく換金率にこだわる方は、あんしんクレジットがおすすめです。

あんしんクレジット詳細はこちら


2位

キャッシュライン
★★★★★

キャッシュライン公式サイト

キャッシュラインは業界最大手が運営するクレジットカード現金化サービスです。

最大換金率 98.8% 振込最短時間 5分
営業時間 9:00~20:00(年中無休) 土日祝日対応 可能

5年間にわたって優良業者としてユーザーにサービスを提供してきたのが業界最大手のキャッシュラインです。クレジットカード現金化の優良業者リサーチで総合ナンバー1に輝いたこともある実績で、換金率も高く振り込みも早い優秀な業者です。

キャッシュライン詳細はこちら


3位ギフトクレジット
★★★★★

信頼と実績のギフトクレジット

信頼と実績のギフトクレジット

最大換金率 92%(他社より低い場合は対応) 振込最短時間 5分
営業時間 9:00~21:00(年中無休) 土日祝日対応 可能

これまでに「イマイチ信頼できる現金化業者がない」、「明らかに換金率を下げられてる」なんて思ったことがある方におすすめなのが、ギフトクレジットです。

信頼と実績を第一に考えて、来店不要で即日対応、親切丁寧なサポートが特徴です。

ギフトクレジット詳細はこちら