借金が原因で離婚はできる?慰謝料は?結婚後に気づいた相手の借金!

借金で離婚

結婚生活は長く続ければ続けるほど、相手の潜在的な人間性が浮き彫りになってきますよね。

それがパートナーとの不仲の原因になったりしますが、もしそれが借金だったらどうしますか?

結婚前から抱えていた数百万円の借金にある日突然気づくというような方もいます。

借金は離婚の原因の中でも非常に多いので、パートナーの経済状況には十分に注意しておきたいですね。

【こちらの記事も読まれています】
おまとめローンの金利節約効果で返済総額を減らそう

消費者金融から借金の催促が夫の携帯に…

携帯に消費者金融からの催促

消費者金融からの通知でパートナーの借金に気づくケースは結構多いようですね。いきなり、100万円を超える借金を背負っている事実を知ったら、気が動転してしまいそうです。

借金が原因での離婚は成立するのか?

借金が原因での離婚

パートナーが借金があるという事実を自分に隠していた。これは裏切り行為とも受け取れますよね。その結果、離婚を考える方もいるかと思いますが、実際のところ借金が原因での離婚は認められるのでしょうか?

法的手段を用いる場合

裁判をして離婚をする場合ですが、借金は明確な離婚理由として定められているわけではないんです。

裁判で離婚をする際に離婚理由として認められているのが、不貞行為や悪意の遺棄です。

悪意の遺棄というのは簡単にいえば家庭を顧みないことですが、悪意の遺棄と見なされるためには詳細な条件が決まっています。

また、パートナーが3年以上の生死不明の状態であったり、強度の精神疾患を患ったりと、それ相応の理由がなければ、裁判離婚は認められないんですね。

婚姻を継続し難い重大な理由

上で紹介した離婚理由の他に、婚姻を継続し難い重大な理由があれば裁判離婚が認められる場合もあるんです。

この部分は裁判所の判断による部分が大きく、普通の借金程度では理由としては認められない可能性が高いです。

また、パートナーに反省が見受けられる場合にも関係の修復は可能と見なされることもありますし、債務整理などを活用した後の再スタートも視野に入れての判断になるので、こちらも致命的な理由がなければ裁判離婚は難しいかもしれませんね。

協議や調停なら可能

裁判離婚をするには、それなりの事情がなければ認められないことがわかりましたが、協議離婚や調停離婚ならば両者の合意があれば離婚が可能です。

しかし、双方の合意が条件になってくるので、相手が反対している場合は、話し合いをまとめる必要があります。

離婚した場合、借金はどうなるのか?

借金

協議離婚や調停離婚を利用すれば、離婚が可能だとわかりましたが、気になるのは肝心の借金です。

離婚が成立しても、自分に借金が降りかかってくるのであれば、離婚によって経済的に不利になることが多い女性にとっては死活問題です。

連帯保証人になってしまっている

パートナーの借金の連帯保証人になってしまっている場合は、当然返済の義務は発生します。

しかし、場合によっては夫婦という間柄を利用され、勝手に印鑑などを持ちだして連帯保証人にされてしまったという方もいるかもしれませんね。

この場合は状況によって連帯保証人の契約を無効にできるかどうか異なってきますので、弁護士など法律の専門家に相談するのが望ましいでしょう。

パートナーが結婚前にしていた借金

もし離婚の原因となった借金が結婚前にしたものなら、基本的にはあなたに返済の義務はありません。

共有財産と見なされる場合

結婚した後に発生した借金は夫婦の共有財産と見なされる可能性があるので注意が必要です。

しかし、共有財産にはしっかりとした条件があり、これは生活費補填のための借金、車や住宅のローンなどです。

車や住宅のローンは夫婦相談の上ですることが多いので、認識していないことは珍しいですよね。

一方で、浪費やギャンブルで発生した借金については共有財産とは見なされないので、借金をした本人に返済の義務があるんです。

借金が理由の離婚でも養育費や慰謝料をもらえるのか?

慰謝料

いくら自分に借金返済の責任がないからといって、専業主婦の場合は離婚後の生活についても気になりますよね。

そこで気になるのが養育費や慰謝料です。これらは協議や調停の末の離婚であっても、認められるものなのでしょうか?

養育費はもらえるけど

養育費は多くの場合、離婚相手に請求できるのですが、注意しなければならないことがあります。

相手に借金があるからといって養育費の請求ができないわけではありませんが、それがしっかりと支払われるかどうかは別の話なんです。

実際に、いくら請求しても支払ってくれない相手もいて、そのような場合には強制執行という、かなり強引な手段を使うことになってしまいます。

人によっては、かつてのパートナーを思いやる気持ちから、踏みとどまってしまうこともあるんです。

慰謝料も経済状況によっては難しい

借金が理由で離婚ということは、相手はほとんどの場合、経済的に苦しい状況ですよね。

さらに、慰謝料というのは精神的苦痛や肉体的苦痛を受けていた場合に発生するものなので、DVなどの明確な理由があれば請求もスムーズですが、借金による精神的な苦痛となると、証明するのが難しくなってしまうかもしれませんね。

また、相手が経済的に苦しい状況なので、それに応じた慰謝料程度しかもらうことができず、生活を成り立たせるほどの金額は期待できない場合も多いんです。

借金が原因の離婚の場合は過度な期待は厳禁

このように相手からどのくらいのお金を補償してもらえるのかを考えた場合、借金が原因の離婚ではあまり過度な期待はできないといえますね。

こういった理由で、子供や生活のために泣く泣く離婚をあきらめる方も多いのです。

結婚前にパートナーのお金や借金に対する意識をチェック

借金

結婚をしてからパートナーの借金を知ったという状況はすでに対策が遅れているといえます。

本来であれば、結婚前にしっかりと相手のお金に対する意識を確認しておきたいところですね。

結婚前には全く借金などある素振りを見せないかと思われますが、注意深く観察すれば行動の端々に借金を軽視する態度を見つけられるかもしれません。

ネットで簡単!おすすめクレジットカード現金化優良店ランキング

1位換金クレジット
★★★★★
換金クレジット

当日プランで最短5分での現金化を実現。急な出費にも安心の「換金クレジット」

最大換金率 98%以上(他社より低い場合は対応) 振込最短時間 5分
営業時間 24時間(年中無休) 土日祝日対応 可能

「換金クレジット」はカードの利用停止や不正利用一切無しの安心運営が自慢の業者で、業界では後発組と言われながらも、既存の業者を上回る実績を着実に積み重ねています。

換金率が他社よりも低い場合は、換金率をさらに上げてもらうことが可能。当日プランと、通常プランの換金率の違いも1%と、かなりお得に現金化ができるのでお勧めです。

換金クレジットの詳細はこちら


2位あんしんクレジット
★★★★★
あんしんクレジット

初回利用は還元率5%アップ!土日祝日も対応の「あんしんクレジット」

最大換金率 98.8% 振込最短時間 10分
営業時間 9:00~20:00(年中無休) 土日祝日対応 可能

営業時間外でもサイトからの申し込みがスムーズで、翌朝すぐ振込対応してくれるのがうれしいポイント。便利に利用できることからリピーター率が高いのも特徴です。

リボ払い・分割払いOKで余裕を持った返済プランを組むことができるのも安心。「通常プラン」「女性プラン」「法人カードプラン」と様々なプランが選べるので、自分にあったプランを選べて、最大98.8%と納得の換金率です。

あんしんクレジット詳細はこちら


3位ハピネス
★★★★★

現金化のハピネス

業界No.1の還元率!最短3分で現金化。初めてでも安心サポートの「ハピネス」

最大換金率 98.8%以上 振込最短時間 3分
受付時間 24時間(年中無休) 土日祝日対応 可能

「ハピネス」の最大の特徴は、最大98.8%の還元率。他社と比較してもかなりお得に現金化が可能の優良業者で、リピーター率はなんと88.2%を誇ります。

初めてでも安心、安全のユーザーサポートも特徴で、24時間対応のネット銀行なら休日でも対応可能。女性に優しい「女性プラン」は換金率が1%上乗せになるのも嬉しいサービスですね。

徹底した安全管理で創業以来カード事故0!カードの利用停止や不正利用一切無しの安心運営に定評がある業者で、接客対応の良さも人気の秘訣です。

来店・審査一切無し、申し込みから最短3分で振込まで完了するスピードが最大の魅力となっています。

ハピネスの詳細はこちら