奨学金の問題点とは?社会人になったと同時に数百万の借金を背負う!

奨学金問題

お金のトラブルと切っても切り離せないのが借金です。そして、この借金を社会人になったと同時に数百万円も抱えてしまう方もいるんです。

それが奨学金の問題で、奨学金制度をしっかりと知っておかなければ、人生のスタートに失敗してしまうかもしれません。

実際に、奨学金返済のプレッシャーに押しつぶされて、うつ病を患ってしまった方もいるくらいなんです!

【こちらの記事も読まれています】
クレジットカード現金化を初めて使う人のための注意点とは?

そもそも奨学金とは?奨学金も借金なの?

奨学金制度

奨学金制度は、一定の基準を満たした学生に対して、国や民間の団体が資金を援助してくれる制度です。

その条件としては、能力が一定水準を超える生徒、進学に対して強い意欲を持っている生徒というものです。もともと進学に問題のない経済力を持っている家庭の子供は対象外になります。

つまり、一定の能力を満たし、経済的な理由によって進学が難しい生徒を助けるための制度が、奨学金制度です。

奨学金も借金のひとつ

借金という言葉は、日本人にとってネガティブにとらえられがちですよね。逆に、推薦や奨学金、これらの言葉はポジティブな意味にとらえられることが多く、なにか応援されている気持ちになってしまいますよね。

しかし、ここで注意が必要なのは、奨学金も借金のひとつに違いないことです。似たような制度に教育ローンがありますが、借金を背負うという意味では、奨学金と教育ローンに、何ら違いはありません。

奨学金という名前により、ついつい借金を軽視してしまう方がいるのも事実で、奨学金を利用するなら、それなりに大きな借金を背負うという覚悟が必要なんです。

奨学金制度の特徴について

奨学金制度の特徴

奨学金は借金に変わりありませんが、とはいえ進学を強く希望する学生にとっては非常にメリットの大きな制度でもあります。

借金のハードルが低い

現在は総量規制などによって、経済的な余裕がない家庭の借金は難しくなっています。

それに比べて奨学金は、一定の能力という基準が伴うものの、それを満たしていれば低所得世帯であっても、問題なく借金ができることから、借金のハードルはかなり低いといえますね。

返済猶予がある

消費者金融などでの借金は、基本的にその時から返済が始まります。

しかし、奨学金は個人の学習意欲を最大限に尊重するための制度であるため、社会人として就職するまでは返済に猶予を設けてくれます。

イメージが良い

日本は借金に対するイメージが悪いので、借金をしたという履歴がプラスに働くとすれば、住宅ローンか奨学金くらいでしょう。

奨学金は、学業に対して前向きな姿勢を連想させることもあり、ほとんどマイナスにはなりませんし、企業によってはプラスにとらえてくれることもありますよね。

そんな意味では、数少ない社会に受け入れられやすい借金であるとも言えるんです。

金利が優遇されている

住宅ローンなどと同様に、その他の借金と比べて金利が優遇されているのが奨学金です。

このことから学業を終えたばかりの社会的地位が備わっていない社会人が返済することを想定された借金であるとも言えますね。

無利子、給付の奨学金もある

社会に出て働き始めた20代の若者には、かなり厳しい金額になることもある奨学金の返済ですが、中には無利子だったり、給付される奨学金もあります。

無利子の場合は、その分だけ返済が楽になりますし、給付の場合は、そもそも返済する必要がありません。

しかし、これらのより条件の良い奨学金は、成績優秀者の中でも上位の一部に適用されたり、その他の厳しい条件が必要だったりと、誰でも使えるかといえば、そうではありません。

借金という自覚がないと厳しい現実が待っている

奨学金の返済

最初に奨学金は借金であるといいましたが、その自覚がないと大変な事態になってしまう可能性もあり、奨学金の返済が滞った場合は、普通の借金と同様の措置が取られる可能性もあるんです。

遅延金について

奨学金には遅延金もあって、支払いが遅れれば遅れるほど返済は困難になっていきます。

差し押さえの可能性もある

消費者金融などでの借金の支払いを遅延し続けると、最終的には差し押さえされますよね。

これと同じ状況になる可能性があるのが奨学金で、悪質な滞納が続くと、財産差し押さえの手続きに入る場合があります。

猶予制度や減額制度も覚えておこう

奨学金を利用するなら、返済困難に陥った時に利用できる猶予制度や減額制度も覚えておきましょう。

これは一定期間の間、無利子で返済を保留できる制度であったり、返済総額を減らすことができる制度だったりするものです。

どちらも所得が一定水準以下という条件があるものの、奨学金の返済で人生を棒に振ってしまわないためにも、覚えておきたいものですね。

社会問題化する奨学金

奨学金問題

このように人の勉学意欲を助けるための制度が奨学金で、そのメリットも大きいですが、多額の借金をすることには変わりありませんので、相応のリスクが伴うことを覚えておきたいですね。

そして、今この奨学金が社会問題になっていて、最悪のケースでは奨学金の遅延金が重なって、自己破産をした方もいるんです。

本来、有意義な人生を送るためのものが進学なはずですが、こうなってしまっては、もはや人生を破壊するために奨学金を選んでしまったといえますね。

また、卒業後にそれなりの企業に就職できなかった方は、低所得から返済に苦しむ場合もあり、女性の場合は特にそれが顕著になります。

その結果、風俗店でアルバイトをするなど厳しい現状が待ち受けている可能性もあるんです。

人と人との競争が激化する現代社会においては、少しでも有利なステータスを得ようと考えるのが当然です。

そうなると、大学院まで進学してスペシャリストを目指そうとする方も出てくるのですが、大学院まで行ったからといって良い就職先が用意されているわけではないのが現実です。

その結果、就職した段階で500万円以上の多額の借金を背負うという場合もあるんです。これら一連の奨学金問題は、社会構造の歪が表面化したケースでもありますので、奨学金の利用を検討している方は十分に注意したいところですね。

ネットで即日!安心のクレジットカード現金化優良店ランキング

1位和光クレジット
★★★★★

和光クレジット

他社より換金率が低い場合は対応!スタッフの対応も◎「和光クレジット」

換金率 最大94%以上(他社より低い場合は対応) 振込最短時間 5分
受付時間 24時間 土日祝日対応 可能

和光クレジットは、クレジットカードの現金化業者の中でも、特に振り込みスピードにこだわっている優良店です。

最短5分で即日振込み、換金率も他社より低い場合は対応してもらえるので、急な出費などに頼れるクレジットカード現金化店を探している方には特におすすめです。

和光クレジット詳細はこちら


2位

クレカ堂
★★★★★

クレカ堂ホームページ

多様なサービスで女性も安心・楽々の現金化「クレカ堂」

換金率 93%~95% 振込最短時間 5分
受付時間 24時間 土日祝日対応 可能

ユーザーの75%が女性というクレカ堂は、現金化を初めて利用する女性にも安心のサービスを提供している優良店です。さらに女性には換金率3%アップキャンペーンも実施しています。

わからない事や不安な事にも、経験豊富なスタッフが親切・丁寧に対応してくれるので、クレジットカード現金化初心者の方や女性におすすめです。

クレカ堂の詳細はこちら


3位換金館
★★★★★

換金館ホームページ

初めての方でも簡単・安心!最大換金率98.4%を誇る「換金館」

換金率 88%~98.4% 振込最短時間 5分
受付時間 24時間 土日祝日対応 可能

「クレジットカード現金化を初めて利用するんだけど、どの業者を選べばいいか分からないし、なんだか不安…」という方におすすめなのが、最大換金率98.4%を誇る換金館です。

信頼性と安心を第一に考えた親切丁寧なユーザーサポートが特徴です。手続きもとても簡単で最短5分ほどで現金化が可能です。換金館の詳細はこちら