多重債務にならなように!借金苦に陥る人の心理とは?

多重債務

「また借金をしてしまった……」このサイトを閲覧している方にはそんな状況の方もいるかもしれません。

一時的な借金は物事を円滑に進めるためにも必要ですが、多重債務にまでなってしまうと、悪い借金であることがはっきりとわかります。しかし、多重債務が自分にとって悪いことと知っていても、ついつい、また借金をしてしまうのです。

これは借金依存といってもいいぐらいの状態ですが、多重債務に苦しむ方の心理には何か共通点が見受けられるのでしょうか。今回は、そんな借金をしてしまう人の心理に迫ってみたいと思います。

【こちらの記事も読まれています】
クレジットカード現金化はカードローンやキャッシングよりお得なの?

クレジットカードのリボ払いの罠

リボ払い

クレジットカードにはリボ払いと分割払いが存在しますが、そのうちリボ払いはクレジットカード上級者の支払い方法といえます。お金に対して、厳格な態度で臨めない人が使えば大きなトラブルの元です。

実際に、リボ払いに失敗して多重債務に陥ったケースはたくさんあり、特に借金をしている意識が希薄な方は、絶対にリボ払いは止めた方が無難です。知らず知らずのうちに借金苦に陥りカード破産なんてことも考えられます。

保証人は絶対に危険

連帯保証人

これまで全く借金を経験したことのない方が、いきなり借金苦に陥ってしまう可能性もあります。それが保証人で、社会生活を送っていると、保証人を頼まれることが一度や二度くらいはあるはずです。そして、その際に断りにくい間柄の人から頼まれてしまうこともあるでしょう。

しかし、ここで安易に保証人になってしまい、万が一トラブルが発生した場合は数百万、数千万という借金が突然自分にのしかかってくるのです。中にはお人好しをカモのように狙ってくる悪質な人物もいるので、知人だとしても注意が必要です。

また、債務者が自己破産した場合も、連帯保証人への請求は止まりませんので、この場合も一気に連帯保証人に借金がのしかかってきます。

孤独は多重債務への入り口

孤独と多重債務

多重債務に悩む方をよく見てみると、家族がいるのにもかかわらずに一人で悩んでいる方が多いです。借金に対して孤独に立ち向かうという心理状態が、借金を借金で支払うような多重債務への入り口なのです。

借金の返済に追われる生活を続けていると、状況判断力が極端に低下する可能性があります。ある実験によると、うつ病患者に毎月定額の現金を渡すと、お金の悩みから解放されるからなのか、症状に改善傾向が見られたという調査結果もあります。断言されたわけではありませんが、それでも現代社会における潤滑油のような存在のお金と人間の心には密接な関係がありそうです。

このことからも、借金で悩んでいるからこそ他人に相談したほうが解決に近づける可能性がありますし、弁護士への無料相談や国の窓口もありますので、家族や親族に迷惑をかけなくとも相談する場所はたくさんあります。

年収が500万超えでも借金に苦しむ

借金と聞くと、なんとなく貧困とイコールで結んでしまうものです。しかし、多重債務者は年収200万未満から年収400万未満くらいの収入の方に集中している傾向があり、人によっては500万、600万という年収で多重債務に悩んでいる方もいるのです。

年収500万といえば、家族生活であっても堅実でさえあれば、決して生活に苦労する年収ではありません。しかし、年収や社会的地位に応じて借金できる最高額も増えていきますので、借金の限度を知らない方は、逆にある程度年収があって一度に借金をできる額が増えた方がずっと危険なのです。

さらに、年収500万円以上の中流家庭の方々は、それなりのグレードの住まいを購入する可能性もあり、住宅ローンの失敗で借金苦に陥ってしまう可能性もあります。

このように社会的には地位が高いとされる方々であっても、借金においては油断は禁物なのです。

見栄のために借金してしまう

借金と熟年離婚

最近、借金による熟年離婚が増えているのを知っていますか? 若い時代を終え、安定期に入ったと思われる夫婦がある日突然離婚してしまうのです。

そして、このケースで多く見られるのが夫が妻に隠れて借金をするというもので、それが知らず知らずのうちに膨れ上がっていくのです。

これは男性特有の見栄が関係しているのですが、女性にはこの男性の見栄というものを理解しにくいようです。

たかが見栄といっても、中年男性には部下に対して見栄をはらなければならない局面などは必ず出てくるもので、子供の進学などにお金がかかる時期だからといって、あまりにも財布のヒモをきつく締めすぎると、お小遣いの足りなくなった夫が消費者金融やキャッシングで借金をするようになってしまうこともあるのです。

借金に潜む依存症の影

依存症と借金

これは借金に苦しむ人が依存症を発症していたというもので、全く通常の判断ができない状態なので、終焉をむかえるまで借金を続けてしまう可能性がある怖いケースです。

依存症には色々な種類がありますが、借金と連動しやすいのがクレジットカードを使った買い物です。特に女性に多い傾向があり、孤独や寂しさを買い物で紛らわす傾向がある方は要注意です。承認欲求が強かったり、変に真面目だったりする方も買い物依存症になりやすい傾向があります。

次にギャンブル依存症も借金と関連性の深いもので、ギャンブル要素の強い投資法などもこれに該当するでしょう。キャッシングやカードローンの限度額、目一杯を借りて、ギャンブルに臨んでしまった場合は、大変危険な状態なります。

こうなってくると自力での復帰は難しく、医師やカウンセラーのサポートを得ながらの社会復帰が必要になってくるでしょう。

これらのケースに共感できる心理があるなら要注意

多重債務の罠

多重債務や借金苦に悩む方々をいくつかのケースに分けて紹介しましたが、これらに共感できる部分があるなら要注意です。

ほとんどの方が苦しみたくて借金をしているわけではありません。少しでも生活や気持ちが楽になればとの気持ちから借金をすることがほとんどなので、社会生活において何らかのストレスを抱えているのなら、誰もが借金苦に陥る可能性があるといえるでしょう。

多重債務の罠は何気ない日常に潜んでいます。今回紹介したケースを反面教師にして借金に依存しすぎないよう気をつけましょう。

安心して利用できるクレジットカード現金化優良店ランキング

1位あんしんクレジット
★★★★★
あんしんクレジットのトップ画像

最大98.8%の換金率「あんしんクレジット」

最大換金率 98.8% 振込最短時間 10分
営業時間 9:00~20:00(年中無休) 土日祝日対応 可能

あんしんクレジットは他社に負けないための4つのポイントを保証することで、クレジットカード現金化ジャンルにおいて換金率ナンバーワンを達成した優良業者です。

ショッピング枠を現金化する上で、換金率は欠かせないポイントです。とにかく換金率にこだわる方は、あんしんクレジットがおすすめです。

あんしんクレジット詳細はこちら


2位

キャッシュライン
★★★★★

キャッシュライン公式サイト

キャッシュラインは業界最大手が運営するクレジットカード現金化サービスです。

最大換金率 98.8% 振込最短時間 5分
営業時間 9:00~20:00(年中無休) 土日祝日対応 可能

5年間にわたって優良業者としてユーザーにサービスを提供してきたのが業界最大手のキャッシュラインです。クレジットカード現金化の優良業者リサーチで総合ナンバー1に輝いたこともある実績で、換金率も高く振り込みも早い優秀な業者です。

キャッシュライン詳細はこちら


3位ギフトクレジット
★★★★★

信頼と実績のギフトクレジット

信頼と実績のギフトクレジット

最大換金率 92%(他社より低い場合は対応) 振込最短時間 5分
営業時間 9:00~21:00(年中無休) 土日祝日対応 可能

これまでに「イマイチ信頼できる現金化業者がない」、「明らかに換金率を下げられてる」なんて思ったことがある方におすすめなのが、ギフトクレジットです。

信頼と実績を第一に考えて、来店不要で即日対応、親切丁寧なサポートが特徴です。

ギフトクレジット詳細はこちら